K2 Math

今日のMarhではドットを数えるゲームをしました。

ドットがいくつあるか数えた後、その数の数字ブロックを置くゲームです。

ドットの数とブロックが一緒にならないと正解にはなりません。

先生に間違えているよと言われた後は、ドットの数が違うのか?置いている数字が違うのか?を考え、自分で正しい答えを導き出そうと頑張っていました。

正解の答えを出すことができると喜んでいたり、あえて難しい問題を選んでいたりもしていました。

出来た喜びをすぐ味わえるのが楽しいようで、最後まで集中してゲームを楽しでいました。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当ブログのテキスト・画像のSNS等への無断転載・複製を固く禁じます。)

コメントを残す

メールアドレスは公開されません