初!プログラミング教室

今日はエレメンタリースクールの子供たちを対象に、

ファーストステップスでは初めてのプログラミング教室が開催されました。

 

株式会社エンベックスエデュケーションの清水先生を講師としてお招きし、

Scratchというソフトを用いて体験レッスンを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はただの静止画だったイラストに、あらゆる条件をプログラムし、

そのキャラクターが自分の指示通りに動きを変化させていく様子をみて、

子どもたちはとても楽しそうでした。

2020年より小学校で必修化されることが決定したプログラミングですが、

文科省が目指すプログラミング教育の目的は、機器の操作などの技術的なことではなく、

❝子供達にコンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを理解、体験させ、その裏側にどのような仕組みが存在し、機能しているかを気付かせること❞、

つまり『プログラミング的思考』を養うという点にあるそうです。

 

実際にレッスンの中でも、先生の「どこがおかしい?」「じゃあこれをどうしたい?」「それをするにはどうすれば良いと思う?」といった問いかけに子どもたちが答え、

一人一人よく考えながら取り組んでいました。

 

そして夢中になった子どもたちは、自ら「これやってみたい!」「こんなこと出来るかな?」と積極的にアイデアを出し、それを実現する方法を探し始めます・・・

 

結局休憩時間もコンピュータから離れず、その姿はまるで小さな技術者たちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンの後半ではゲーム作りに挑戦し、自分で作ったゲームで遊べたことが本当に

嬉しかったようで、とても盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までは何も考えずに見ていたパソコンやゲームの中のキャラクターも、

今日からは、これも動き方、速さ、向き、時間、順序、その他あらゆる条件がプログラミングされていたのかと気付き、物事の奥深さを感じるようになるかもしれませんね。

 

短い時間でしたが、参加してくださった方、保護者の皆様、そして清水先生、

今日は本当にありがとうございました。

次回もお楽しみに♪

 

追記:

レッスンが始まる前に子どもたち同士が英語で会話していたり、

言語設定を英語のままで作業を行っている子がいたりして、

先生が非常に驚いていました。

ファーストステップスの自慢の生徒たちです。