Day care Treasure hunt

今日はTerasure huntをしました。

まずは、宝物作りです。

一人一人画用紙や折り紙、スズランテープなど自分で好きな材料を選んで宝物を作りました。

折り紙で手裏剣を作ったり、折り紙や画用紙、スズランテープを使ってブレスレットやネックレスを作ったり、画用紙と折り紙を組み合わせて剣を作ったり、画用紙を貼り合わせて大きなへびを作ったりと、みんな思い思いに自分の宝物を作り上げていきました。

どの子も丁寧に心を込めて宝物を作っていて感心しました。

そして、出来上がった宝物をみんなの前で発表してからいよいよゲームの開始です。

まずは先生が子どもたちに見えないように1,2、3、4、5,10とポイントが書かれたコインを部屋のあちこちに隠しました。

そして、「Ready set go!」の合図とともに子どもたちは部屋中に隠されたコインを探します。

コインを探す子どもたちは真剣そのもの!

みんな一生懸命あちこち探しまわっていました。

「I found it!]とコインを見つける度に嬉しそうに教えてくれる子どもたち。

その嬉しそうな笑顔が印象的でした。

そして決められた時間内にみつけたコインのポイント数が一番多い子から自分が欲しい宝物を選んでいきました。

子どもたちは自分で作った宝物を選ぶ子が多かったです!

自分で頑張って作った宝物に、やはり愛着があるようです(^^)

また、人気があった剣は午後のplaytimeの時間に作りたい子たちが集まってみんなで作って遊んだりしました。

お友達や先生とみんなで楽しい時間を過ごすことが出来て良かったです。

Teddy Bear Class 水族館に行ってきました。

今日は待ちに待ったAquariumの日でした(*^^*)

 

お出かけすることが分かっていると、朝の Clean up のスピードも格段と速くなります!

サンシャインまでの道は強い風で飛ばされてしまいそうな程・・・

ですがそんなことは子ども達はお構いなしで、手をつないだお友達と「I wanna see Penguins!」

「I wanna see humongous whales!」などルンルン気分でした。

 

 

 

大きな水槽にドキドキわくわくしながら順路を進んでいくと・・・

 

「Small fish」や「Blue fish」

 

♪「Tiny Tim」♪でおなじみのTurtleなど、お気に入りの生き物を見つけて大喜びの子ども達でした。

 

夏休みで多くのお客さんが水族館に訪れていましたが、先生とお友達としっかり手をつないで心ゆくまで水族館を楽しんできました。

子ども達の口からは、レッスンで覚えたものはもちろん、日本語でも「ネオンテトラ」や「エンゼルフィッシュ」「アロワナ」「ペリカン」など、ひとつひとつの魚や生き物の名前がポンポン飛び出していました。

いつの間にか興味の幅も深さも広がって、大人の思っている以上に頭の中にしっかりと知識が詰まっているのだということを知りました。また一つ、子ども達の成長に気が付きました。

 

Day Care 水遊び

今日はSmall Park で水遊びをしました!

 

いつもは入らないじゃぶじゃぶ池に入れることが嬉しくてたまらない子供たちは、

先生と、“Will I get wet?” “Of course!”というやりとりをすると “Yeah!!”と大喜び。

K3のお姉さんはためらうことなく池の中をじゃぶじゃぶと歩き、高い所へ。

K1・K2の子は初めはおっかなびっくり、慎重に池の中を歩いていましたが、

しばらくして慣れてくるとK3のお姉さんについて行き、

上手に真似をして高い所にも上ることが出来ました。

排水口のようなところからお水がブクブクと出てくるのが面白くて気に入ったようです。

大人が気にも留めないようなところにきちんと気が付き、

どんな些細なことからも楽しみを見出す子供たちでした・・・♪

その後も、先生やお友だちとお水の掛け合いをしたり、

“I can swim!”と言って泳ぐマネをしたりと、

真夏の水遊びを思いきり楽しむことが出来ました。

Day Care 街探検

今日は子どもたちみんなで街探検に行ってきました。

まず最初にみんなでどこを探検したいのかを話し合いました。

連日の暑さにより、しばらく㎩rkへ行けていなかったため、“I wanna go to the park!”の声がたくさん上がったので、街探検の前に少しだけPark で遊ぶことにしました。

久々のPark に子どもたちは大喜び♪

そして、今日はサンシャインシティの中を探検することに。

パン屋さんの横を通り、エスカレーターを下りて、噴水広場へ。

運よく子どもたちが大好きなポケモンのイベントが開催されていました。

iPadを使ってポケモンの顔を描き入れる事ができたり、ポケモンのお部屋があったりして、子どもたちは大喜びでした。

その後、館内をぐるっとさんぽして、みんなが大好きなディズニーストアへ行ったのですが、残念ながら混んでいたので、そのままトイザらスへ向かいました。

トイザらス前のウルトラマンに“It’s cool!”と大興奮の子どもたち!

みんなでウルトラマンと記念撮影をしてから、帰路につきました。

スクールに戻ってくるとちょうどランチタイム♪

たくさん歩いたのでお腹が空いていたようで、みんなペロリとランチを食べていました。

今日はVanessa 先生と街探検をして色々なお店の英語での言い方を学ぶことができました。

また、暑い日が続き、なかなか外で遊ぶことができない中、子どもたちにとってよい気分転換にもなりました。

Day Care プリン作り

Summer Schoolも終了し、Day-care期間へと突入しました。

お盆時期ということもあり生徒は少なめですが、それでもみんな元気いっぱいです。

今日は子どもたちみんなでおやつ(プリン)作りをしました。

子どもたちがプリンを作るのには何が必要なのかを話し合い、必要なものを決めてお買い物リストをK3が作ります。

そして、その買い物リストを持ってスーパーへと出掛けました。

子どもたちはお買い物が大好きで、今日はみんなで行けるので朝から“We can go to supermarket ,today!”とハイテンションでした。

スーパーでは“I can find ~.”とみんな真剣な表情で商品を探し、見つけると“I found it!”と嬉しそうに持ってきてくれました。

みんなでお買い物を楽しんだ後はいよいよプリン作り♬

Summer schoolでゼリー作りや寒天作りなどを経験している子どもたちは、慣れた手つきで牛乳や卵を混ぜていました。

おいしいプリンができるように一生懸命かきまぜます。

プリンはおやつの時間に食べるのですが、子どもたちは早く食べたくて仕方がないらしく、

Play Timeに何度も“Is it snack time?”と聞いていました。

ついに子どもたちが待ちに待ったおやつの時間‼

今回はプリンにバナナ、生クリーム、アイスクリームをトッピングする事に。

Vanessa先生にトッピングの仕方を教えてもらって、順番に盛り付けました。

子どもたちの“it’s so yummy!”の声と満面の笑顔を見る事ができました(*^^*)

Summer School-Ele- 無事終了!

7月17日~8月10日までの19日間行われたサマースクールが無事全ての行程終了いたしました。

今年は残念ながら毎年の恒例であったLAサマーキャンプがなくなった為、Peter先生も久しぶりのサマースクール参加となりました。

また、昨年の夏からアメリカに留学していた高校生のH君が留学を終え帰国したため、お手伝いに来てくれていました。

留学を経て、話すスピードが格段に速くなっており、Peter先生やAdam先生もびっくり!

10年以上このスクールに通っている先輩に、小学生のみんなも良い刺激をもらえたようでした。

さらに、今年は通常のレッスンに加え、毎週月曜日は課外学習に出かけました。

プラネタリウム・水族館・博物館、様々な場所に出かけた子ども達。

プラネタリウムでは真っ暗な空間に星空が広がり、すごかった!楽しかった!と口を揃えていました(^^)

中にはあまりの心地よさに眠ってしまった子もいたようですが…笑

水族館では大きな水槽の前で魚たちが自由に泳ぎ回る様子をじっと見つめていました。

そしてレッスン以外でみんなが楽しみにしていたのが、お買い物。

レッスンの中で先生の質問に正解したり、お手伝いをしたりするとポイントがもらえ、そのポイントをお金に交換し、お金が貯まると自分の好きな景品を買う事が出来ます。

お金をもらうとすぐに景品を買う子、高価な景品を買うためにもらってもすぐに使わず貯める子と様々でしたが、この制度を通して、みんなポイントををもらうために率先して質問に答えたり、お手伝いをしたりと、積極性が見受けられました。

 

最後になりましたが、エレメンタリースクール・プリスクールともに、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

外部からご参加いただいた皆様も英語の楽しさを実感してもらえたでしょうか?

これを機にさらに英語を好きになってもらえていたら幸いです。

また、お忙しいなかご協力いただいた保護者の皆様に対しても重ねて感謝申し上げます。

今後も子どもたちにとってより良いレッスンを行っていけるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

Summer school Day19

今日は、fantasy weekの最終日でした。

コスチュームを持っている子はお家から持ってきて、今日一日そのコスチュームを着て過ごしました。

そしてまずは2つのグループに分かれて、それぞれの部屋でトンネルや段ボール、机や椅子、布やスズランテープなど様々な材料を使って、各グループごとにcastleを作りました。

相手のチームがどんなcastleを作るのかは出来上がるまで秘密です。

「start!」の先生の声に元気よく材料を運ぶこどもたち。

次から次へと休む間もなくcastleを作っていきます。

みんなで協力して材料を運んだり、絵を描いたりデコレーションをしたりしていきました。

難しい部分は先生に手伝ってもらいながら、みんなの素晴らしい発想力がぎゅっと詰まったcastleが着々と出来上がっていきます。

どの子も夢中で作っていました。

そして、ついに立派なcastleが出来上がりました。

みんな自分たちで作ったcastleにとても満足そうでした。

 

お互いのグループが作ったcastleをお披露目して、その後はグループ対抗でballoonとballを使ったgameをしました。

大盛り上がりのgame大会となりました!

昼食後はファッションショーとパレードを行いました。

「I am Elsa.」「I am Cinderella.」などとみんなキャラクターになりきって、みんなの前でファッションショーを行ったり、お友だちと楽しくパレードの行進をしました。

 

今日で4週間のSummer schoolが終了しました。

子どもが楽しい時間を過ごして、そして沢山思い出を作ることが出来たようですと嬉しいです。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

 

今日のGood attitudeの子どもたち☆

Summer School Day 18

毎週、木曜日はクッキングの日です。

今週のテーマ【Adventure & Fancy Fantasy】にちなんで、

Adventureをイメージした焼きカレーと、

Fantasyを連想させるカラフルな牛乳寒天パフェを作りました♪

 

まずは牛乳寒天作り!

ゼラチンをよく溶かしたら、

牛乳や砂糖、4色のかき氷シロップを加えます。

 

寒天を冷蔵庫で冷やしている間に

今度はメインの焼きカレー作り!

先生と一緒にカレーの材料を切ります。

ホットプレートで具材を炒めて、

カレールーを加えると、

“Smells good!!”とみんな大喜びです。

 

もんじゃのように土手を作って、真ん中にごはんを入れて、さらに炒めます。

仕上げにとろけるチーズをまぶして、蓋をして数分蒸らせば、

焼きカレーの出来上がりです♬

焼きカレーを作っている間に寒天も固まりました。

 

“Can I have a cup,please?”と言ってカップをもらったら、

自分で好きな色の寒天を盛りつけます。

 

おいしそうなごはんに思わず笑顔が溢れる子どもたち(*^^*)
中にはお代わりする子もいて、みんなもりもり食べていました♬

 

今日の“Good attitude”の子どもたち☆

Congratulations!!

 

 

Summer School Days 17

今日はMusicの日です。

今週のテーマは“Fantasy”なので、みんなで“Bibbidi-bobbidi-boo”を歌いました。

その後は1人ずつ“I want to be Cinderella.”など何になりたいか発表し、

発表した子が夢が叶うようにみんなでビビディバビデブーを歌って魔法をかけました。

みんな願いが叶うように一生懸命歌を歌っていました!

 

また、椅子取りゲームや、ボールをキャッチして質問に答えるゲームもしました。

大好きなゲームをすることが出来て、大盛り上がりのMusic Lessonでした♪

 

また、今週が最後の週なので、毎週水曜日に行っていた“Summer jive”の発表を行いました。

毎週いない子もいましたが、みんな上手に発表することが出来ました!

 

今日のGood Attitude!おめでとう!!

Summer school Day16

今日は「Fluffy slime」作りをしました。まずは ボウルにwhite glue とshaving foamを入れてよく混ぜます。

みんな慎重にカップにwhite glue やshaving foamを入れて、そして一人ずつ順番にボウルに入れていきました。

そしてよく混ぜます。white glueとshaving foamがよく混ざったところに今度は水に溶かしたboraxを少しずつ加えていき、またよく混ぜ合わせていきました。

 

ちょうど良い固さになったところでfood coloringを加え、きれいに色がついたら「Fluffy slime」の完成です。

今日は異年齢の子同士でグループを作って行ったのですが、年上の子が年下の子にとても丁寧に行い方を教えてあげたり、お手伝いをしてあげていました。そして、また年下の子は年上の子が行っている様子をよくみて、真似してみたりしていました。不思議な感触のFluffy slime、みんなその感触をとても楽しみながらグループの子同士協力して作ることが出来ました!

 

今日のGood attitudeの子どもたち☆