K2 Imagination

最近のK2では想像力を鍛えるレッスンをしています。

想像することに苦手意識を持っているK2は最初は苦戦…。

賑やかだったクラスが一気に静かになってしまいます。

Social Steadiesでは過去と今の乗り物を学んだ後、未来にどんな乗り物があったらいいか考えました。

まずは先生から空飛ぶ車や観覧車のような電車などがあるといい、などのヒントをもらいました。

ヒントをもらうと、どんどんアイデアがでてきた子どもたち。

自分のスケッチブックに未来の乗り物を書いて発表しました。

空を飛ぶ車、飛ぶだけでなく海にも入れて海外にもいける車。
海外までいける電車。バタフライのように飛ぶ乗り物。
魚のように素早く動く潜水艦。
様々なアイデアが出てきました。

また、大好きなSpaceのことで楽しみながら想像力を働かせました。
最初に、K2のみんなが想像する宇宙を大きな模造紙に描きました。

そして次の週のArtで宇宙に行くことに。
宇宙はどういうところか子どもたちがが考えやすいよう時間をかけて復習をした後、

宇宙にいくためには何が必要かをみんなで考えました。
“We need a rocket.”
“We need a space suit.”

子どもたちのアイデアを元に宇宙に行くために必要なものをArtで作りました。

ただ作るだけでなくどうしたらロケットは飛ぶのか、ロケットには何人乗れるのかなども考えながら作りました。

ロケットは自分専用のロケットとK2のみんなが乗れるロケットの2種類を作りました。

これで、宇宙に行くことが出来るのか?

こどもたちの答えはNo.
“Only astronaut can go to space.”

ということでEnglish Activityで宇宙飛行士になるために訓練をしました。

宇宙飛行士になるために必死です。

無事訓練を終えると、子どもたちは
We can go to space!!
と大喜びしていて、K2みんなで宇宙に行くことが出来ました!

子どもたちは本当に宇宙に行ったことを想像したようで、レッスンが終わった後他のクラスの先生にWe went to space.と言って自慢をしていました。

宇宙に行った今、月曜日のscienceでは重力について学びました。
子どもたちが想像しやすいよう、磁石とマグネットを使い重力を表現しました。

 

まずは子どもたちがたくさん想像できるよう、たくさんヒントを出しています。

そして、考えた答えにたくさん質問しています。

今は想像することに苦手意識があるようですが、コツを掴めば大人が想像している以上の想像力がもっと出てくるはずです。
子どもたちがもっと色々なことを想像できるよう引き出しをたくさんあけていきたいと思ってます♪

error: Content is protected !!