Fire drill

今日は火災訓練がありました。

今日の出火元はK1Roomだったので、火災と分かったら先生の話を聞き、K2の部屋から外へ避難しました。

何人かは地震と勘違いして頭を守ろうとしていたので、先生の話を聞くことがどれだけ大切かを伝えていきました。

外までの避難は今年二回目だったので、先生たちも子どもたちもスムーズに避難することができ、

またタオルを持っている子は自分のタオルを出し、口を塞いでました。

煙を手だけで塞ぐのは子どもにとっては難しいことなので、常に制服のポケットにタオルを入れておくことは意識づけていきたいですね!

廊下に出ると、倒れてしまった障害物があり、体を小さく丸めてぶつからないように通り抜けていました。

ナーサリーの子たちは、K1からの出火だったので、K3Roomから倉庫を通って外に避難しました。

いつもは絶対に通らない道なので、ナーサリーの子にとっては倉庫を通ることも勇気のいることですが、

泣かずにすみやかに通ることが出来ました。

全員が避難し、安全が確認できたらK1Roomに集まり、

英語で外国人の先生から、日本語で日本人の先生からお話がありました。

自然災害は子どもたちだけでなく、先生たちも常にいつ起こっても平気なように訓練をし、

情報共有を行っております。

災害が起きても、保護者の方が安心できるように努めてまいります。